今日からしばらくは、収納についてのお話をしていきたいと思います。

収納のお話一回目は、

収納を考える前に大切な事

について紹介したいと思います。

 

いきなりですが、

収納する上で一番大切な事
って何だと思いますか??

取り出しやすくしまう事?
使用頻度にわけること?
収納用品をそろえる事?

大切な事や、小技などは沢山あります。

 

その中でまず、
これだけは絶対押さえてほしいこと

それは、

物の定位置を決める事です。

 

なんだか、聞いたような言葉かもしれません。

そう、以前の記事にも書いていますが、

片づけの最終段階は物の定位置を決める事にあります。

 

物を使ったら、元に戻せる。

 

この仕組みが作れれば、
日々の片づけはそんなに難しくありません。

 

物の定位置が決まっていないと、

戻す場所が分からないから、

物がどんどん散らかってしまいますし、

片づけの効率もとても悪くなります。

 

ですので、

物の定位置を決めるが、

収納を考えるうえで一番大切なポイントとなります。

 

物によって、細かくわけたり、

ざっくり分けたりと、

定位置の決め方はそれぞれでOKですが、

 

全ての物の定位置が決まった状態

すぐに物を元の位置に戻せる状態を作る

 

ということが基本にあって、

そこから、さらに使いやすくするためには、
どこに何を置くといい、こういう風にすると良い
というような、収納のあれこれが出てくるのです。

 

だから、

全ての物に定位置を決める

ということを念頭に

収納をしていきましょう!

 

そして、

もう1つ覚えておいて欲しい事は、

先に収納用品に走らない

ということです。

 

収納について考えるのは、

物を残すかどうかの見極めをした後に行いましょう。

 

使わないけどなんとなく残した物を綺麗に収納して、

綺麗に収納されているなぁとうっとりするのは一つですが

残念ながら、

よほど家の中が広々として、

十分なスペースがあるお宅の場合を除いては、

使わないモノをしまうために収納用品を買い足すことになり、

いつも使うモノのスペースや、生活スペースを圧迫するのが目に見えています。

 

わざわざ買った収納用品、

その中身は・・・なんだっけ?

 

というような事を起こさないためにも、

残す物を見極めて、

残す物と、その量にあった収納用品を、

後から選ぶようにしていきましょう。

 

最初の段階では、

紙袋や空き箱、段ボールなどを使って、

仮の収納と定位置を作りって様子を見て、

しっくり来たら収納用品を揃えるというのでもよいでしょう。

 

収納用品は、一度買うとその後とても長く使う可能性の大きい物です。

どうぞ焦らずに良く考えてから購入してくださいね。

収納についての記事を読む前に、

まだ片づけが終わっていない方、読まれていない方は、

こちらの記事から先にご覧頂く事をお勧めしています。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

おすすめの記事