快適な押入れを作ろう!使いやすい押入れを作る3つのポイント

ご覧いただいてありがとうございます。

片付けコンサルタントの片山 絵美子です。

 

日本人なら誰しもがきっと使った事のある押し入れ。

今日は押し入れ収納を使いやすくするための3つのポイントについて書いていきます。

 

1 区切る

 

押入れというスペースは、大きな長方形の空間が上下にありますね。

主に、お布団を収納する事をベースに作られている収納空間です。

 

大きな空間のため、沢山の物をしまえるとっても優秀なスペースですが

そのまま使うには少し大きすぎるという難点があります。

 

残念ながら何の区切りもせずにアバウトにモノを詰め込んでいくと、その収納容量の優秀さゆえに、見た目も使い勝手も宜しくない、ストレスを作る押入れが出来上がってしまいます。

 

使いやすい押入れを作るためには、

  • タンスや衣装ケースを中へ入れて引き出しを作る
  • 収納用品で段をつくるなど

 

空間を区切る工夫をしていきましょう。

 

 

2 大物からスペースの確保を

 

次は、どのように押入れを区切ったり収納したりするか?

というポイントについてです。

 

まずこの段階で、闇雲に収納用品を購入してはいけません。

するべきことは、仕舞うモノを把握する事です。

 

何をしまうのか、どのように使いたいのか?を考えましょう。

それによって、必要な収納用品は変わってきます。

 

押入れの収納を考えるとき、

先ずは大きなものをしまう空間から確保していきます。

 

家電や、収納ケース、お布団などになります。

 

家電などの大きさ・重さのある物は下の段へ収納が便利です。

そのまましまっても構いませんし、キャスターのついた台などに載せると、取り出しがスムーズになって出し入れがしやすくなります。

 

特に前後左右、取り出すときに入れ替える事が多い場合には、キャスターのついた台やワゴンを利用すると便利です。

 

また、お布団についても毎日出し入れするものは、上段にそのまま置けるのが便利ですよね。

なので、そのためのスペースはもちろん用意してあげましょう。

 

衣類ケースについては、ケースの高さがある場合(段数が多いなど)は下段にしまいましょう。

高さのある収納ケースを上段にしまうと、上段のケースの中身が見えなかったりして、使いにくくなります。

 

また奥行きの浅い収納ケースの場合など、収納ケースの奥に更にモノをしまったり、季節で入れ替える可能性がある場合には、収納ケースにもキャスターがついていると便利です。

 

ご家庭によってしまう物は異なると思いますが、

まずは大物のスペースを確保する。

これを優先して行いましょう。

 

3 ジャンルや人ごとにわける

 

次に、押入れに関わらず収納する時のポイントにもなりますが、しまうモノのジャンルや、利用する人によって収納場所をわけることで、モノの管理がしやすくなります。

「家族共有のモノゾーン」、「アウトドアグッズゾーン」、「お仕事のモノゾーン」等、

しまう予定の物のジャンルごとにスペースを決めるか、

 

「子供ゾーン」、「パパゾーン」、「自分のゾーン」のように、

使用する人ごとにスペースを区切っていきましょう。

 

子供の物などは、子供が自分で取り出せる下の段がお勧めです。

 

基本的には、使用頻度の高いモノほど手前において、しまうとき、取り出すときに手間の無いように収納場所を作りましょう。

 

逆にめったに使わないモノや季節のアイテムなどは、一番上段の枕棚へ置きましょう。

(重さのある物は、枕棚は避けて下段の奥がお勧めです。。)

 

 

まとめ

 

今回紹介した押入れ収納の基本は、

 

  • 空間を仕切る事
  • 大きなものからしまう事
  • モノの目的や、使う人別に収納スペースを決めて収納する事

 

となります。

少しでも皆様の参考になれば幸いです。

最後までお読み頂いてありがとうございました。

おすすめの記事