収納を考えるうえでの理想は

取り出しやすく、戻しやすく、管理しやすい

という事があげられると思います。

 

では、どうやってその状態を作ればよいのか?

については、きっと皆さん頭を悩ませているのではないでしょうか?

 

今回は、収納を考えるうえで、知っていると参考になる3つのポイントについて書いていきたいと思います。

 

1 畳む&立てる

 

衣類を含め、布系の物や、スーパーの袋まで、畳めるものはとにかく畳んでみましょう。

そして畳んだものは立てて収納します。

 

畳んだかどうかに関係なく、立てて収納できる物は、横に置くよりも立てて収納する方が、

管理しやすく使い勝手の良い場合が多いので、立てれるものは基本立てましょう。

 

立てる事で見た目もスッキリ、見つけやすくなります。

 

2 使う人別に分ける

 

部屋や収納スペースの中を家族で漠然と共有してしまうと、あっちこっちと家族のモノが散らかったり、奥様、お母さまが全て一人で片づける事になってしまいます。

 

そのため、

家族共有の物ゾーン、

自分のゾーン、

旦那さんのゾーン、

子供のゾーンなというように、

 

各自のスペースを決めて、個人の物はそこでその本人に管理してもらうことがお勧めです。

 

一人一人に、専用の部屋やクローゼットがあればベストですが割り当てられない場合には、

クローゼットの半分は旦那さん、半分は自分

この収納ラックは自分で、あれは子供用

などというように、

出来る範囲でスペースを決めてみてください。

 

そして、基本的には

・そのスペースからはみ出さない

・そのスペースを自分で管理する

というように提案してみましょう。

 

片づけが苦手な人には片づけやすいスペースを与えてあげたり、

各自のスペースが平等にある事を皆で認識してもらうなど、皆で話し合いをしながらルールを作っていくのがポイントです。

 

3 目的・使用頻度でわける

 

使用する人で分けるほかには、使用目的や頻度でわけるのが一般的です。

例えば、同じ用途の物でも良く使うものとたまに使うものに分けて、よく使う、いわゆる一軍を手前や取り出しやすい所へ

たまにつかう二軍に当たる物は、まとめて一軍より奥にしまうという形です。

 

また、収納するモノ自体の性質や使用目的でわけて、

旅行用品ゾーン、

趣味の○○ゾーン、

機械ものゾーン

 

というように、似ているモノで集めて収納していくとモノの保管場所が分かり易くなります。

 

このほかにもご家庭によって、色々な収納方法がありますが、今回はより基本的なポイントを紹介させて頂きました。

 

おさらいをすると、

使用目的や、モノの種類別、

又は使う人別に収納スペースを決め

よく使うものを手前に、時々使う物を奥に、

畳めるモノは畳んで、立てられるものを立てる

ということになります!

 

取り入れられそうなことがあれば、早速試してみて下さいね!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

 

 

おすすめの記事