ご覧いただきありがとうございます。

片付けコンサルタントの西尾 絵美子です。

 

この記事では片付けられないお家を卒業し

片づけられるお家を手に入れるための方法についてお話させていただきます。

 

どうして片づけても散らかるのか?

 

いきなりですが質問です!

片づけが苦手というあなたは、普段どんな片づけ方をされていますか?

 

少し思い返してみて下さい。

 

ひょっとしたら、このような片づけ方に思い当たりがありませんか?

 

  1. 片付けようと思い、とりあえず積みあがっている物の近くに置く
  2. 散らかっている物を、とりあえず他の場所や部屋に移す
  3. とにかく収納用品の中(見えないところ)にとりあえず押し込める
  4. 特定の部屋、部屋の一部だけをとりあえず片づける。

 

如何でしょうか?

上記のような片づけ方がメインになっている方は要注意です。

 

残念ですがこのような片づけ方だと、

せっかく部屋を片付けてもまたすぐ散らかってしまいます。

 

と言うのも、上記のような片づけ方は、本来の片づけとは少しずれているからなのです。

 

最初のに述べたような片づけ方は、

物を部屋の隅から、目につかないどこかに移動しているだけの片づけです。

これを私はなんとなく片付けと呼びます。

 

本来の片づけとは

”使った物、散らかった物を、元の位置に戻す事”

です。

 

例えば、

  • 本を読んだら本棚に戻す
  • 洗い物をした後に、食器を食器棚に戻す。

 

このように、

使ったものを、本来戻す位置に戻す事が片づけです。

 

本を手に取り、本が積みあがっている山に戻すという行為を片付けと考えると、

残念ながらいつまでたっても、あなたが望むような綺麗に片付いた部屋へはたどり着けないかもしれません。

 

そもそも本を、

本の山に積み上げるように置くのも、本棚に戻すのも、

本来はそんなに大きな差はないはずです。

 

散らかっている物を片づけようと他の部屋に持って行って、

そのままただ置いたり、収納の中に押し込んだりするのと、

大差ない時間で片付いた綺麗な部屋を維持できるのだったら

 

このような、とりあえず置くという片づけ方を続けるのは、

時間も、労力ももったいないと思いませんか?

 

部屋が片付かないために、お家でリラックスすることができずイライラをためる生活や、

片付けなきゃという意識に取りつかれながら過ごす週末をこれからも過ごすのは、きっと嫌ではないですか?

 

もっと気持ちよく、リラックスして毎日を過ごしたいと願うのならば

 

片づく家をつくるための片づけを是非始めていきましょう!

片づく家を作る片づけ方

 

では、

”とりあえず片付け” では無い

片づく家を作る片づけ方とはどういった片づけ方か?

 

ここでもう一度、片づけの定義を思い出してみましょう。

 

片づけとは、

”使った物や、散らかった物を元の位置に戻す事”

 

”つまり、物を戻すための決まった位置が必要です。”

 

この位置が決まっていないと、物を戻す場所がわからないのでとりあえず片づけ、になってしまいます。

 

そのため、物を戻す位置をしっかりと決めてあげる事が、

片づけをスムーズにするうえで大切になります。

 

そして、この定位置を決める前に行うべきことがあります。

 

それは、

今のあなた、今の暮らし、今の家にとって

不要となっている物を、全て捨てる事です。

 

片づけが苦手な人は、不要となったものを多く抱え込んでいる傾向があります。

 

それらの物は、収納スペースの奥や、部屋の隅にぎゅっとつまり、

あなたが使う物たちを使いやすく、戻しやすくする事を妨害しています。

 

あなたが色んな理由で家に招き入れた物たち、

当初は意気揚々と招き入れた物も様々な理由で使わずにしまい込まれて、散乱していきます。

ついには、持っているのかどうかも忘れ、気づいたときには劣化してボロボロということも。

 

それらの必要以上の物について、あきらかに言えることがあります。

 

それは、ずばり

それらの物使っていないということ!!

そして使っていないんだから、

持っていないも同然ということ。

 

使っていない、無いも同然の物が部屋の中に溢れて

あなたの時間や気持ちを圧迫しているとしたら、

 

それらの物、捨てたらよいんです。

物よりも、大切なことがあるでしょう?

 

使わない、今必要ないと思ったものは、勇気を出して手放しましょう。

 

そして、使っていないもの・必要のないものを捨てきってしまうと

スペースに余裕ができ、残した大切な物たちを大事に収納することができるようになります。

そういった状態ができれば、その後の家の片付けは驚くほど簡単になり家事の負担も減ります。

 

それだけでなく、

気持ちが明るくなったり、行動的になったり、

家族の仲が良くなる、健康になる、運がよくなるといいこと尽くしです。

 

そういった暮らしを手に入れるために、お家丸ごと物の整理を進めていきましょう!

 

一見大変そうに聞こえるかもしれませが片づけにかかる期間は、

小さなお部屋で早くて休日3日程、長くかかっても3~6か月程の中で、

片付けに当てれる日を何日か用意していければ家の整理は完了して、

片づけやすく、片づけられるお家が出来上がります。

 

長い人生の中でそれだけの期間を片づけに取るだけで、

その後の暮らしがぐっと良くなるのなら、やってみる価値はあると思いませんか?

Point
”片付く家を作るためには、家の中の物を一度すべて見直すこと”

 

 

片付けの一歩を踏み出そう

 

最後に一番大切なお話です。

片づけが苦手でこの記事を読んでくださっている方は

 

  • 片づけられるようになりたい
  • 現状の家をどうにか片づけたい
  • 片付けられない自分を変えたい

 

など

変えたい、変かわりたいという気持ちをお持ちだと思います。

 

けれど、

今まで片付けが上手くできていないから、出来るようになるのか不安だし出来ない自分を責めて自信がもてず、余計に行動に移せない。

 

という気持ちもあると思います。

 

けれど最初にお話ししたように、あなたが片づけられないというわけではありません。

片づけの仕方や、今の家の状態が片づけにくいだけなのです。

 

片づけやすい家の基礎が作れれば、片づけは驚くほどやさしくなります。

 

最近読んでいる本の中で、こんなセリフがありました。

 

仮に今の自分がイマイチだとしても、気にする必要はまったくありません。

それどころか、イマイチな分だけ、幸せを実感できる余地しかないと思ってみましょう。

出典元:自分を強くする 第2章 幸せを自己分析するときのコツ 横山信弘 著

 

片づけにも同じことが言えると思いますので、これを片づけに当てはめてみましょう!

 

”仮に今迄片付けが出来なくても、気にする必要はまったくありません。

それどころか、片付けが出来なかった分だけ、片付けられるようになるという、自信と、幸せを実感できる余地しかないのです。”

 

実際、片づけられなかった人ほど、片づけられるようになった時には計り知れないほどの感動があることが多く、その後の生活が大きく変わるきっかけにもなります。

 

 

一歩踏み出す勇気を出すことは、怖い事だと思います。

けれど、変わりたいという気持ちを持ちながら何年もたってしまう事の方が、本当は怖い事になるのかもしれません。

 

だからこそ、

片づけをするかどうか?と考える事に片を付けて

 

片づけを始めよう!という宣言を自分自身にされてください。

 

その後にあるのは、

片づけられるようになるという、幸せを感じる余地だけです。

 

片づけへの一歩を、ここから踏み出してみませんか?

 

このブログでは、

片付けが出来るように変わってくため、一歩を踏み出すことが出来るような記事を書いてサポートさせて頂きます。

1人では不安です、という方へは

  • Line @でのお片付け相談や
  • 片づけレッスンという

私の指導のもと、一緒に片づけを進めていくサービスも提供させて頂いております。

 

Line@では

ブログの更新お知らせや、

片づけの小話も展開する予定です。

以下をクリックをして登録後、

メッセージをお送りください!

友だち追加

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめの記事