ご覧いただきありがとうございます。

片付けコンサルタントの西尾 絵美子です。

 

片づけの始め方-第三回目の今回は、

家を丸ごと片づけるための

”片づけの進め方”

 

いわゆる

”片づけの地図”

の作り方についてお話します。

(前回の記事はこちら→片付けは目的ではなく、手段です

 

片づけの地図を作ろう

 

家をまるごと片づけると聞いたら、大変そうに聞こえますよね?

 

ワンルームぐらいのお宅でも、きっと腰が重いと思いますから、

ましてや2DK以上になってきたらそんなの到底無理だって・・・

と、思われるかもしれません。

 

けれど、本当に大変でしょうか?

どうして大変そうに思うのだと思うのでしょう?

 

実は、片づけを進めていく具体的な道筋が見えなければ、

何をどうしてよいのか分からず、頭はこんがらがってパニックになります。

 

毎回片づけを始めるまでが上手くいかなかったり、

中途半端に終わってしまって、

片づけが進まなくなってしまいます。

 

だから、最初に手順を決めておきましょう。

 

こういうふうにするんだよという道すじがあれば、

やるべきことが客観的に見え、迷わず進むことが出来るようになります。

 

始めるまではとても大変と思うかもしれません、

 

でも、一度作業を始めれば、足取りはどんどん軽くなっていきます。

 

もし怖い、できない、面倒だな。

という気持ちがわいてきたら、

 

どうしてかな?

何が怖いの?

何が出来ないと思うの?

と優しく自分に聞いてあげましょう。

 

そして、大丈夫、大丈夫。

私はできる。と自分自身に声をかけてくださいね。

 

物別に片づける順番を決めよう

 

ということで、今日はあなたの部屋を片づけるための”片づけの地図”を作りましょう。

 

片づけの地図って何か?というと

 

あなたが迷わずに片づけるための”片づけ方の順番”です。

 

最初に何を片づけて、その次に何を片づけるのか?

それをあらかじめ決めていきます。

 

片づけの地図を作る時にポイントとなることは

 

出来る限り物で分けて考える事。

 

部屋ではなく物別に、片づけていきます。

 

どうして物別にわける事をお勧めしていると思いますか?

 

理由は3つあって、

 

  1. 自分が持っている物の全体量を把握しやすく、選びやすいこと。
  2. 同じジャンルの物を一気に判断するから、全く違うジャンルの物と交互に見ていくよりも、
    断然疲れにくくスムーズになること。
  3. 収納場所をまとめられるため、収納がつくりやすく次回からの整理が楽になること。

 

という3つの理由によって、物別に片づける事をお勧めしています。

 

では、片づける物をどういうふうに区切っていくのか説明していきます。

まずはざっくりといくつかのカテゴリーに分けていきます。

 

例えば、

  • 衣類
  • キッチンで使う物
  • 小物
  • 書類
  • 思い出の物

 

上記のようなイメージです。

 

そして、衣類の中では、オフシーズンとオンシーズン、または通年の物などで大きく分け、

実際に選んでいく際には更に、

トップス、ボトムス、下着、靴下、というように、

さらに分けて、ジャンルごとに見ていきましょう。

 

衣類の片づけの後に、ファッションの流れで、カバンや靴、帽子、アクセサリー

 

というように行っても良いですし、アクセサリーのような小物は後の方で、小物類に取り掛かる中で行ってもよいです。

 

又は、衣類の流れでシーツやブランケット、お布団、タオルなどを見ていくという流れでも良いですね。

 

細かな順番や、物の分け方はご自身で進めやすい順番で構いませんし、途中で変えても構わないです。

 

衣類はカテゴリーを分けやすい他、好みでも用途でも選びやすく、

捨てる以外の選択肢も選びやすい物となるので、

初めの方で行うのにおススメですし、捨てるのに抵抗感がある方にもおススメです。

 

小物類については、自分の中で似ていると思う物、まとめやすい物をひと先ず紙に書き出してみてください。

 

CD、DVD、化粧品、スキンケア用品、

日用品、医療品、タオル類、消耗品ストック、

掃除用具、文房具、裁縫道具、

工具類、電気機器、趣味の物・・・

 

などというように、

自分の家にある物を思い浮かべながらざくざくと区切っていきましょう。

小物の整理は思考停止しやすいため、中盤以降に取り組む方がおススメです。

 

ちなみに、何が入っているか良く分からないものばっかりの引き出しなどについては、

小物の最初の方の段階で、中身を出してカテゴリーごとにわけて紙袋などで保管し、その後同じジャンルの物と合わせてチェックしていきましょう。

 

 

 

片づけ始める順番のお勧め

 

 

片づけを行っていく順番としてのお勧めは、一番に衣類です。

 

二番目は押入れがあるお家、敷布団スタイルのお家の場合には

  • 生活衣類(シーツ、布団、ブランケット、バスタオル等)
  • その他押入れの中の大きい面積をとっているジャンルの物

 

クローゼットスタイルのお家やベッドスタイルのお家の場合には、

  • 帽子、カバン等のファッション小物、靴

 

そして、3番目は本。

 

4番目は手を付けやすい小物。

ファッション小物や、靴、玄関で管理している物の他、気分が乗るものを選びましょう。

 

5番目はキッチン

 

6番目は少し面倒に感じる小物

 

書類に関しては、細かく整理したい方は一番最後

大雑把な管理で十分な方は、本の後が良いです。

 

そして書類が最後の方以外は、思い出の物を最後にしましょう。

 

思い出の物に関しては、写真や手紙の他、ぬいぐるみやアクセサリーなどでも、

思い出として持っているという物は基本的に全て最後にまとめましょう。

本の片づけの最中に出てきた手紙を読んだり、本の片づけの最中にアルバムを開き始めると片づけは一向に進みませんから、思い出品が出て来たら見たい気持ちは我慢して、ひとまず脇に置いておいてくださいね!

 

以上のことを参考に、

自分なりに片づける物の順番を作っていきましょう。

 

ノートに書き出しても良いですし、途中で順番を変えやすいように、付箋に書いてノートに貼っていくのも便利です。

 

各物ごとの、片づけのポイントなどについては、またこれから少しづつ紹介していきますね!

 

片づけ地図の作り方、

質問や分からないところがあったら、お気軽に質問してくださいね。

 

質問はLine@より受け付けています!

こんなことが知りたい!というメッセージもお送りいただければ、

記事内で回答させていただきます。

以下をクリックをして登録後、

メッセージをお送りください!

友だち追加

(Line@は個別会話のため、第三者へ公開されることはありません。)

Line@ご登録で

お片付け相談に乗っています。

お気軽にご登録くださいね。

又、ブログの更新お知らせや、

片づけの小話も展開する予定です。

 

片づけレッスン

私の指導のもと、一緒に片づけを進めていくサービスも提供させて頂いております。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめの記事