ご覧いただきありがとうございます。

片付けコンサルタントの片山 絵美子です。

今回は具体的な整理のポイントについてお話していきます。

 

整理の手順の基本は以下の3ステップです。

 

1 片づける物を収納から出して全て一ヵ所に集めます。

2 残す物と捨てる物に分けます。

3 残すものをしまいます。

 

まず出して、必要な物を選んで、しまう場所を決める。

これが基本です。

 

出してくるときは、同じ種類のものは全て集めてきます。

そして、床や、机に並べます。

 

収納の中に入れたまま分けようとすると失敗する可能性が上がるので、

かならず一度収納から出して集めてきてください。

 

それでは、今日は洋服の整理のポイントについてお話していきます!

 

洋服の整理を始める時の、洋服の集め方と時間目安

 

ではまず、先ほど説明したように洋服をクローゼットやタンスの中から出して、全て集めて洋服の山を作ります。

 

このとき集め方ですが、夏物も冬物も、何もかもごちゃっと一つの山にすると、

持っている服を把握しにくいためお勧めできません。

 

できれば、

春・夏ものと、秋・冬ものでわけたり、通年着る洋服と、季節の洋服でわけるなど、

ご自身のライフスタイルで、大きく2つ又は、3つのシーズンにわけて山をつくりましょう。

 

そうして更に、トップス、ボトムス、ワンピース、上着類などの衣類と、

下着、靴下、浴衣などのイベント物、冬用小物などの小さめの衣類などで区切っておくと進めやすくなります。

 

もしも、それほど多くの洋服が無いという場合には、洋服の中での区切りは自分が分かり易い程度にざっくりとでも大丈夫です。

 

まとまった時間が取れない場合には、2回、3回と分けて行なえばOKですが、

その場合でも同じジャンルの物を全て集めるという事を忘れないでください。

 

できるなら、ワンシーズンぐらいの量は一度にやってしまう事をお勧めします。

 

ワンシーズンの衣類の整理と、収納で最初は3時間ぐらいの時間を見ておくとよいでしょう。

 

洋服の選び方とポイント

 

洋服の山を作ったら、今度は残す洋服と手放す洋服に分けていきます。

 

残す服の基準は、洋服を見て、触って、または着て気分が良いかどうかです。

 

あなたが好きな洋服は、手に取った時に自然と笑顔になったり、

明るい気分になったり、暖かい感じや、心地の良い感じがします。

 

私のレッスンでは、実際に一つ一つ手に持って、洋服をもった体の感覚を感じてもらって、そこで好きです、残します。

という感覚の物を残してもらっています。

 

よくわからないです。

 

という時には、まず目の前の洋服の中から、

 

一番お気に入りの洋服を3枚選んでみましょう。

 

自分が気に入っている洋服だとはっきり知っている服から手に取って、その物の感覚を感じてみて下さい。

 

その後、判断がつかない洋服があれば、一度未定として脇に置いてまとめておきます。

 

そして一通りの選別が終わった後に、選べなかった服をもう一度見ていきます。

 

この時、まだ迷うものは一度着てみましょう。

 

例えとても気に入っていて良く着ていたものでも、

去年着ていないもの、今年も着そうにないものは、

今のあなたの好みからはずれている可能性が高いです。

 

また、見た目は気に入っているけど、着た時に着心地が悪い服や、ソワソワするような服がある場合、身体がソワソワするということは、あなたに合っていないと言えます。

 

それで楽しいお出かけが楽しめないならば、持っている必要はあるのでしょうか?

 

洋服を選んでいく中で、洗濯が必要な洋服があれば洗濯機コーナーとしてまとめて、

クリーニングや直しが必要な服もそれぞで分けておき、作業終了後に早めに手入れしてあげてください。

 

数を数えよう

 

もし作業中に余裕があれば、

 

残す服、迷う服、捨てる服、

ともにどれぐらいの数があるのか、数えてみましょう。

 

数字として把握すると、現状把握するのに良いのと、

 

こんなに枚数があるんだー!と、

 

ちょっとした発見があって楽しいです。

 

数を数えることで、

自分がどれくらいの数の物を持っているのか知ることは、

 

どれくらいの物を使えているのか、

または使えていないのかを知る手掛かりになります。

 

あなたは服を何枚持っていて、好きな服は何枚ありましたか?

 

選別しながら数えてみましょう。

 

捨てれないから部屋着はやめよう

 

あ、この服外にはもう着ていかないなぁ。

 

でもあんまり着ていないしもったいないなぁ。。

 

よし、部屋着にしちゃおうかな。

 

というような感じで、部屋着を選ぶのはお勧めしません。

 

よっぽど、好きな洋服の場合には別ですが、

外に着ていくにはボロボロだから家で。

 

普段着ないけど、もったいないからせめて部屋着に。

 

という理由の場合、部屋着にしてもあんまり気分がよくなかったり、着心地が悪かったりしてしまう事があります。

 

そして、いつきるかわからない部屋着が増えると、

結局良く着る部屋着をしまうスペースが無くなってしまいます。

 

どうしても、と思うなら早速今日からその服を部屋着として来てみて下さい。

 

着心地が良いもの、気分良く過ごせるのでしたらもちろんOK。

 

でも、着心地が悪い、鏡で見てぱっとしないという感覚になるようだったら、

あなたの一日を素敵な気分にしてくれる洋服を部屋着として、あなたのために選んであげるほうがわくわくしませんか?

 

家の中で着飾る必要はないですが、部屋着は家の中での自分が楽しい気持ちでいられる服を選んでくださいね。

 

洋服は9割収納

 

整理をしていくと、洋服の量はどれくらいになればよいのかな?と

思われる方がいるかもしれません。

 

洋服の量は、あなたの感覚で好きな物、心から残したいという洋服たちを選んだのなら、

多くても少なくても構わないと思います。

 

ただ、今後の生活を考えた時に

” 収納スペースに収まりきる量 ”

であることは譲れません。

 

クローゼット、タンスに対する収納量は、

 

最大で9割を目安にしましょう。

 

服を取り出したり、しまったりするときに、

するっと取り出せて、スムーズにしまえるスペースを常に保てます。

 

そうすれば服にシワもつきにくくなりますし、

あなたもいつでも気持ち良く、服の出し入れをすることができます。

 

ぎゅうぎゅうパンパンに詰め込まれていては、

せっかくの服も何があるかわからず、選べず、着れません。

 

持っていても着れなければ、持っていないのと同じです。

 

一旦作業を終えた後も、洋服は買い足していくはずなので、

 

  • 今後は衣替え毎に服を見直す
  • 収納に入らなくなった時には、適宜洋服の選別作業をする

 

など、

衣類を整理をするタイミングや、洋服の量の目安まで決めておけると、今後の維持もしやすくなります。

大切な洋服を、大事に着続けるために

 

以前、片付けレッスンへ入ったお家でこんなことがありました。

 

とてもお気に入りで、クリーニングにも出し、手入れをしていたというブラウスが、

服をしまっていた棚と、奥の壁との隙間から発見さたのです。

 

ブラウスはシミがついてしまっていて、

お客様がとてもショックを受けられていました。

 

どうしてこんなところに?!と

お客様はおっしゃっていましたが、

 

服は本来用意されていたスペースの、2倍、3倍と膨れ上がって積み上がり、

何の服がどこにあるのか一見して全く分からない様子。

 

実は私も昔はこんな風に、ぎゅうぎゅうパンパンに積みあげて、

ここにはこういう服があるはずと、わかっているつもりでいました。

 

しかしいざ、何か探し始めたら見つからなかったり、

底の方で押しつぶされて、ぺっしゃんこになった服を見つけるのは日常茶飯事で

 

しわくちゃの洋服に若干引きながら、

しかたない着るか、なんてやっていた経験があります。

 

だからこそ言いますが、

ぐちゃぐちゃ、ぎゅうぎゅうと

積み上げた服たちの状態では、服がどこにあるのか把握しているとは言いきれません。

 

そして大体の場合良く着ている大切な服程、

収納から溢れ出してしまう場所もなく、部屋の隅に積み上げられるという状況になっていて、

あまり着ない服が収納に押し込まれています。

 

もし、あなたの服も収納から溢れ出している状況だとしたら、

 

あなたのお気に入りの洋服たちも、

いつシワ、シミがついたり、姿を消すかも知れません。

 

しまうべき洋服がどちらかは、

あなたが一番お分かりのはずです。

 

物の扱い方というのは、

自分で自分をどう扱っているのかという事が、示されているように思います。

 

適当な扱いをした洋服を着続ける事は、自分で、自分自身の事をないがしろにしてしまっていたり、

 

自分の価値を知らず知らずのうちに、下げてしまう事に繋がっているように思います。

 

私なんて、別に大したことないから。

 

だから身に付ける物も、物の扱いも、別に適当で良い。

 

だって、私なんて、これくらいの人間だから。。。

 

無意識でそんなふうに考えていませんか?

 

あなたの価値を決めるのはあなた自身です。

他の誰でもありません。

自分のことを卑下する必要なんてありませんよ。

 

鏡に向かってにこっと笑顔を作って、

 

私大好き、いつもありがとう。

と言ってあげましょう。

 

自分の物を丁寧に扱う事も、

自分の物をきちんと選んで満足できるように持つことも、

 

自分自身に対する思いやりだと思います。

 

あなたが身にまとう洋服たちは、あなたを守り、あなたを作る分身です。

 

あなたの事、あなたの生活を、大切に出来る洋服を持ってくださいね。

 

捨てる服には、今までありがとう、お世話になりました。

 

と一言添えて捨てましょう。

 

残すと決めた服にも、

 

いつもありがとう、これからもよろしくね!と

 

一言添えて、これから沢山着てあげてください。

 

 

衣類を売るのにお勧めの宅配買い取り業者3選

 

あなたが手放すことにした服について、捨てると考えると気が進まない場合には、

 

寄付と、売ることを優先していきましょう。

 

寄付の場合はお住まいの地域での寄付の募集や、

ネットで検索してみると、沢山の寄付先がありますから探してみて下さいね。

 

H&Mが近くにある場合、古着を店舗へ持って行くと寄付として回収してくれます。

 

回収した洋服は、再利用できる物は再利用され、そうでないものは掃除用に使われるなど、様々な使われ方をされるようです。

 

H&Mへ衣類を寄付すると、H&Mで利用できる500円クーポン券が一袋につき1枚頂けます、

またユニクロは、ユニクロの衣類のみですが回収して外国へ寄付としてまわしているようです。

 

ブランド物の洋服や、売れそうな洋服がたくさんある場合には、まとめて買取店へ持って行きましょう。

 

車がなく持って行けないという場合には、宅配買い取りが便利でお勧めです。

 

私は基本的に宅配買い取りを利用しています。

 

今迄利用した買取店の中で、一番のお勧めはこちらの買取店です。

 

 

KLDはファッションブランドに向いています。

他に出して300円の査定額だったものが、KLDでは2800円になった経験があります。

 


(高級ブランドは偽物の区別がつかないので取り扱っていないそうです。)

 

ブランド衣類はあまりないという場合には、

一着5000円以下のノーブランド衣類も買い取ってくれる買取業者もあります。

 

ここは、買値はとっても安いですが、

捨てるのは気が引けるという場合には寄付感覚で利用できるお店です。

 

ただし人気が高いのか、申し込みから集荷まで1週間ぐらいかかります。

作業始める前に申し込みをしておくぐらいでも良いかもしれません。



それから、アマゾンが行っている

 

服も、本も、その他の小物も全部一括で買い取ってくれるため、

簡単に済ませたい方や、アマゾンユーザーにはお勧めです。

 



自分の中で、洋服の手放し方が確立しているとその後の管理も楽になりますから、

色々ためして、自身にあうものを見つけて下さいね。

 

もちろん地域の資源回収だって、売れるような綺麗な物は外国へ回されたり、

お掃除用に使われたりと、しっかりリサイクルされていますので、

 

あまり気負わずに資源回収でも全く問題はありませんよ。

 

 

1人では片づけを進められないという場合には、

一緒に片づけを行って行く片付けレッスンも行っております。

是非ご利用くださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
おすすめの記事