6片付けレッスン実施例 神奈川県在住 30代女性 H様 その③

 

今回ご紹介させて頂くのは、下記の記事でご紹介させて頂いている

 

片付けレッスン 無暗に悩むことが減った気がします
片付けレッスン アトリエ編

 

H様宅のキッチンの作業についてです。

H様宅は3LDKの戸建で、一人暮らしを始めたタイミングでお伺いさせて頂きました。

 

キッチンの片づけ

 

H様宅のキッチンは、もともとそんなに散らかっているほうではなかったため、

使っていないものや賞味期限の切れたものを除きながら、

使いやすいように全体的な収納の変更をさせて頂きました。

 

まずは全体のBefore写真です

キッチンAfter

 

続いてキッチンの引き出しのお写真です。

 

たくさんの調理用具が入った引き出しですが、

備えつけの仕切りがうまく機能していませんでした。

 

そのため、備え付けの仕切りは外して、

使わないものは捨て、使用頻度の低いものも移動させました。

 

引き出しBefore

 

引き出しAfter

 

大きいアイテムも多いため、用途でわけてざっくり収納です。

仕切り自体は、100均のものをご自身で用意してセットしていただきました。

下準備の道具を左側、右側にコンロで使うものを置いています。

 

続いて、こちらはカトラリーやあまり使わない調理用具などが入っています。

 

引き出しBefore

 

引き出しAfter

 

こちらも必要なもののみ残して、

先ほどの引き出しから取り出した使用頻度の低い調理用具と、

カトラリーをまとめて収納しました。

 

次に吊戸棚のお写真です。

こちらのお写真は、作業途中で撮影したのですが、

空になっている部分には食器が収納されていました。

 

右下の部分にはまだ取り出していない食器が少し映っています。

 

吊戸棚Before

 

H様の身長から考えると、この棚は少し使いづらい高さにあります。

食器の出し入れが少し危なく感じたため、

食器の収納場所を食品ストックが入っている引き出しに変更して、

こちらの吊戸棚へは食品ストック等を収納しました。

 

吊戸棚After

こちらの右側の棚へはお薬やお茶などを

 

その隣の棚へは、乾物や食品のストックをいれています。

ケースは元々使われていたものをそのまま代用しました。

 

吊戸棚After

もし今後ストックが増えたりして使いにくさを感じられるようなことがあれば、

仕切りの板を外して、取っ手付きの吊戸ストッカーなどを使用されることもおすすめです。

 

そして次に、もともと食品ストックが入っていた引き出しです。

 

浅い引き出しには薬やサプリメントなど、

深い引き出し2段には食品ストックがありました。

 

キッチン引き出しBefore

ここに食器を移動させます。

 

キッチン引き出しAfter

頻繁に使う食器を中心に引き出しの上からしまっていきます。

 

仕様品度が低い食器は一番下へ。

この他にも、すべてのキッチンの引き出しの整理・収納を行わせていただきました。

 

最後にキッチンの片づけについての、H様からのご感想を紹介します。

 

キッチンのご感想

 

自分では収納は得意なつもりでしたが、片付け始めてみたら
思いのほか動線を考えられていなかったんだな〜と思ったところです。
料理をするときの動きが減りました。
食器の収納を引き出しに変えて、落とす心配がなくなり取り出しやくなりました。
お皿は棚に置くものだという思い込みがあったので(実家がそうでした笑)
これが一番インパクトがある片付けでした。
食器の配置換えが思いのほか喜んで頂けたようでこちらも嬉しいです。
私の実家も食器は棚に置いていたため、
実はこのお仕事を始める少し前までは、私も食器を引き出しにしまうという発想はありませんでした。笑
住み慣れた部屋の中がゆえに自分では思いつきづらい収納の方法なども、
客観的な視点でご提案できる点は、
私のサポートを受けてくださる皆様からご好評いただいているポイントでもあります。
H様のお片付けレポートは今回で終了となります。
約半年の間、楽しいお片付けを一緒に行わせていただきありがとうございました!
■今までの様子はこちらです
■片付け訪問レッスンを希望される方はこちらから
サービス案内

 

おすすめの記事